株式会社創機システムズ

創機工学塾

ロケットを使った研修

数百メートルの高度にロケットを打ち上げ、各種センサーを搭載した模擬人工衛星を分離してパラシュートで回収します。
モノづくりの喜びを体感すると同時に、設計・計画・予算管理・システム試験・打ち上げ・評価をグループ内で分担して自主的に行うことにより、単なる技術習得だけでなく、プロジェクト全体に視野を広げ、自らプロジェクトを立ち上げることができる、ものづくり人材を育成します。

第一回 ロケット研修 β-1T4 成果概要

打ち上げ実施日
平成26年11月23日(日)
打ち上げ場所
コスモパーク加太(和歌山市加太)
打ち上げ時刻
14時
第一回 ロケット研修 β-1T4 成果概要

ロケット研修Aグループ β-1T4 主要性能

外形
全長1800mm/直径150mm
外形素材
CFRP/厚さ1mm
機体重量
約6kg
推進系
Hyper-Tek社製 J型ハイブリットロケット
目的
空中で模擬衛生を射出し、地上を撮影しながら降下。
またその動画をネットで配信予定。
回収方法
パラシュート
到達速度
約340m
最高速度
約55m/s
最大加速度
約45m/s2
  • 衛星とパラシュートの放出成功
  • 機体の安全回収に成功
  • ロケット本体、衛星共に映像データ取得に成功
  • ネット環境が悪く配信失敗
ランチクリア

ランチクリア

衛星から地上風景とロケット撮影

衛星から地上風景とロケット撮影

ロケットからの衛星撮影

ロケットからの衛星撮影

落着地点

落着地点

ページトップへ